エピックゲームズが嫌うApple税、Google税とは【フォートナイト】

ビジネス

こんにちは、たこすです。

本日は、超有名ゲーム「フォートナイト」の運営会社エピックゲームズとAppleの争いについて、そもそもApple税、Google税とは何なのか、エピックゲームズは何がしたいのか、フォートナイトはどうなってしまうのか解説します。

Apple税、Google税とは

Apple税、Google税とは、AppleとGoogleが自社のアプリストア上でダウンロードしたアプリでユーザーが課金する際に徴収する手数料です。

Apple税、Google税の仕組み

上図の通り、AppleもGoogleもアプリ内課金のうちの30%(サブスク型の月額課金の場合は2年目以降15%)を手数料として徴収しています。

この手数料水準については、デベロッパーから高すぎると意見が挙がっており、定期的に話題になります。米議会が2020年7月下旬に開いた公聴会でも、アプリ配信システムが論点の一つになっています。

事実上の寡占状態

Apple端末(iPhoneやiPad)はアプリをインストールするには必ずAppStoreを経由する必要があり、それ以外の方法でiPhoneにアプリをインストールする事はできません

Google端末(AndroidスマホやAndroidタブレット)はGoogle playストア以外でもインストールが可能ですが、「この種類のファイルはお使いの デバイスに悪影響を与える可能性があります」などの警告文が必ず表示されるため、気軽にはインストールがしにくい環境になっています。

下表の通り、スマホ端末のほとんどがApple(iOS)とGoogle(Android)端末であり、事実上寡占状態となっています。

アメリカでのiOS/Androidのシェア

日本でのiOS/Androidのシェア

エピックゲームズとは

話題になっているエピックゲームズは、1991年創業のゲーム開発会社です。1996年にマイクロソフトがXbox向けに発売した「Gears of War」を開発して一躍有名になりました。

その後、2012年に中国のテンセントが40%分の株式を取得しています。

2017年にはオンラインバトルロイヤルゲームの「フォートナイト」をリリースしています。

3億人以上がプレイするゲーム「フォートナイト」

フォートナイトは、オンライン上で一度に最大100人と最後の1人または1組になるまで戦うバトルロイヤル型ゲームです。基本プレイは無料になっており、スキン(プレイヤーキャラクターの外見変更アイテム)や追加パックの販売が収入源です。

課金をしてもプレイヤーが強くなることはないため、日本で流行っているような「Pay to Win」型のゲームとは一線を画しています。

フォートナイトはアメリカを中心に流行っており、登録者数が3億5000万人を超えています。

モバイル版だけで1,000億円の収益

フォートナイトは2018年からモバイル版をリリース。2020年4月には累計収益が10億ドル(約1,000億円)を突破しました。

エピックゲームズはApp Storeを経由しない課金サービスを開始

エピックゲームズは8月13日よりApp Storeを経由しないで買うと安く課金アイテムが購入できるサービスを開始しました。

これにより、Apple税を回避しようと考えたわけです。

AppStoreからフォートナイトが削除

AppleはAppStoreに利用規約に違反したとして、AppStoreからフォートナイトを削除。その後追随するようにGoogle Playストアからもフォートナイトが削除される事態になりました。

エピックゲームズはAppleとGoogleを提訴

今回のAppleによるフォートナイトの削除を受けて、エピックゲームズはApple及びGoogleが反競争的(日本で言う独占禁止法違反に近い)と主張し、独自の課金システムを認めるように求めています

なぜエピックゲームズは強気なのか

エピックゲームズが強気なのは、フォートナイトという強力なコンテンツを持っていることも理由の一つですが、最大の理由は独自でEPIC GAMES Storeというプレイストアを運営していることです。

EPIC GAMES Storeでデベロッパーに対する手数料は12%に設定にされており、AppleやGoogleの半分以下です。

「1984」の動画の意味

エピックゲームズは、このタイミング「Nineteen Eightry-Fortnite」と言う動画をアップしてます。これは アップルがIBMの独占を打ち破ろうとして公開した有名なCM「1984」をパロったもので、エピックゲームズは2020年が「1984年」になるのを止めたいと考えています

Nineteen Eighty-Fortnite – #FreeFortnite

これからフォートナイトはどうなるのか

AppleとGoogleは、今回の削除に関してこれからエピックゲームズと規約違反の解消に向けて協議するとしており、現時点では独自の課金システムを認めたり手数料を引き下げるような取り組みはしないと思われます。

提訴したカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所の判断が決まるまでは当分iPhoneでフォートナイトをプレイすることは出来ないでしょう。また、お互いに折れない場合には、最悪iPhoneでは金輪際フォートナイトが遊べなくなる可能性もあります。

(※AndroidスマホはEPIC GAMESストアで直接ダウンロードすればプレイ可能です。)

まとめ

まとめ
  • Apple税、Google税とはアプリストアのプラットフォーム手数料のこと
  • アプリストアを経由して課金される仕組みになっており、事実上Apple、Googleの寡占状態
  • エピックゲームズはアメリカのゲーム会社でフォートナイトが大ヒット
  • モバイル版の収益は累計1,000億円以上
  • アプリストアを経由しない課金サービスを開始し、規約違反でアプリストアから削除
  • 削除されたことを受けてエピックゲームズはAppleを提訴
  • 裁判の結果やAppleとの協議が終わるまではiPhoneでフォートナイトは遊べない
タイトルとURLをコピーしました