メガバンク

半沢直樹

現役メガバンク行員から見た半沢直樹2【第6話】【解説】

半沢直樹2の第6話についてです。債権放棄に法的根拠はあるのかどうか、過去の公的資金を受けた経緯とは、業務改善命令を受けるということはどれほど重いのか、現役メガバンク行員が過去の業務改善命令の事例も用いながら解説します。
メガバンク

みずほ銀行の紙の通帳有料化の本当の理由とは

みずほ銀行の紙の通帳発行手数料が有料化する件についてです。いつから有料になるのか、有料化を回避する事はできるのか、他のメガバンクはどうなるのか、これでみずほは儲かるのか、そもそもみずほの本当の狙いは何なのか、現役メガバンク行員が解説します。
半沢直樹

現役メガバンク行員から見た半沢直樹2【第5話】【解説】

半沢直樹2第5話についてです。開発投資銀行のモデルになっている日本政策投資銀行とはどんな銀行なのか、今回の東京中央銀行のモデルはどのメガバンクなのか、不祥事銀行員を取引先企業に出向させるようなことはあるのか、現役メガバンク行員が解説します。
半沢直樹

当時のJAL再建を振り返る【帝国航空のモデル】【半沢直樹】

半沢直樹2の帝国航空のモデルであるJAL再建の歴史についてです。当時のタスクフォースのメンバーや会社更生法申請時の財務状況や債権放棄の具体的金額、再建後の結果について、現役メガバンク行員が足元のコロナ影響も含めて解説します。
メガバンク

【5年ルール】銀行員の異動について【みずほの不正融資事件】

銀行員の異動についてです。銀行員は通常、5年以内に異動することが常識です。これは、金融庁が決めたルールだからです。ではなぜ、金融庁がこのようなルールを設けたのか、実際に不正の事例はあったのか、現役メガバンク行員が解説します。
半沢直樹

【半沢直樹】電脳の粉飾手法を解説【のれんの過大計上】【循環取引】

電脳の粉飾手法についてです。なぜ資産価値100億円の事業を300億円で買収したのか、売上の架空計上とは具体的にどのように行われるのか、過去のオリンパスの事例や東芝子会社の事例を用いながら現役メガバンク行員が分かりやすく解説します。
半沢直樹

現役メガバンク行員から見た半沢直樹2【第4話】【解説】

半沢直樹2の第四話についての解説です。なぜ半沢は静岡で社長をすぐ見つけられたのか、銀行員に特許を解読出来るのか、証券会社は特許の取得先を探すような仕事をするのか、電脳の粉飾の全貌とは何なのか、現役メガバンク行員が説明していきます。
メガバンク

【メガバンク負の歴史】ただの料亭の女将に7,000億円貸した話【尾上縫】

尾上縫に関する記事です。当時、旅亭「恵川」の女将であった尾上縫がいかにして数千億の融資を受けるような存在になっていったのか、天下の日本興業銀行がなぜこのような失敗をしたのか、現役メガバンク行員が当時の異常性も指摘しながら解説していきます。
ビジネス

CFOの役割とは【経理部長との違い】

CFO(最高財務責任者)の役割についてです。銀行員でも意外と経理部長とCFOの役割の違いを説明できない人が多いです。近年では、CGコードの適用によりCFOの役割期待が上がっています。事例を用いながら現役メガバンク行員が解説します。
半沢直樹

現役メガバンク行員から見た半沢直樹2【第3話】【解説】

半沢直樹2の第三話についての解説です。逆買収とは何か、なぜフォックスは見捨てられたのか、証券会社のシステムを外部からハッキングすることは可能なのか、副頭取が取締役に頭を下げるようなことはあるのか、現役メガバンク行員が説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました